オシロイバナ(白粉花)


オシロイバナ科  一年草


花後に熟した黒い種を潰すと、お白いのような白い粉が出てくることからオシロイバナ。夕方頃に香りや多彩な色で虫を呼ぶ様子から別名「夕化粧」ともいわれているようです。


このお花が出てくる本をご紹介します。


「ここは神楽坂西洋館」角川文庫


著:三川みり氏    


西洋館の植物好きな大家さんとちょっと変わった住人達とのお話しで、その中で植物もふれられたりする事で、ストレスを感じる。というのが印象的で、その他にも植物にまつわる素敵なお話しが有りました。


小さい頃は空き地などでよく見かけてオシロイバナの花や種を潰して遊んでたけど、最近は見かけないなぁと思い出しました。


そんな時に久しぶりに見かけたオシロイバナは花壇で大切に育てられてました。  苗ではあまり出回らないので、という事はこの花は種から育てられたのかなと、勝手に想像して何だか微笑ましい気持ちになりました。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts